FC2ブログ
【11月8日(木)】 源氏の旅 in 京都 -2日目-
2日目:11月7日(水)

朝9時から、京都御所 に行きました。
京都には何回も来てるけど、京都御所は今回が初めて!
源氏物語の舞台だからね、要チェックポイントな訳です(✿◡‿◡ฺ)

京都御所がある京都御苑は広~いヽ(*´ー`*) ノ
ぴかぴかの青空に浮かんだ羊雲が可愛かったです。
御苑の紅葉も綺麗でした。

承明門と紫宸殿
京都御所の中には源氏の世界が広がってました。
特に、物語に出てくる場所には過剰反応です!
この写真の奥の建物が、源氏物語に多く登場する“紫宸殿”

清涼殿
そして、これが“清涼殿”
実際のサイズより、ちょっと小さめだそうですが、
この清涼殿に帝がいたのよね~、って思うと、感動です(;-;)

京都御所にて
御池庭の前で☆
京都御所の見学は、1時間位のツアー。
説明してくれる係のおじさんに根掘り葉掘り尋ね、京都御所を満喫しました。

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

京都御所を後にして...。
さやと別れて、愛ちゃんと私は、嵯峨野に向かいました。
嵯峨野も、源氏物語の中で多く登場するからね!

清凉寺
まずは、清凉寺(嵯峨釈迦堂) へ。
ここは、光源氏のモデルといわれる、源融の山荘があったところなのです。
今の時期、源融の姿を映したとも言われる、阿弥陀如来座像様が拝観可能!

観てきましたよ~!
光源氏にそっくりな阿弥陀如来座像様を.*゚¨゚・*:☆゚・
優しい御顔でした(*´▽`*)

清凉寺に来たのは、光源氏そっくりの阿弥陀如来座像様を拝むため!
だったのだけど...。
清凉寺の釈迦如来様のお話しを、お坊様が丁寧にして下さり、
清凉寺も満喫しました(✿◡‿◡ฺ)

清凉寺の紅葉
清凉寺のお庭の紅葉が美しかったのでパチリ☆
色づき始めの木々たちは、秋の嵯峨野の雰囲気を楽しませてくれました。
嵯峨野の秋、本当に大好きだわ(*´▽`*)

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

あぶり餅
清凉寺の中にある、お茶屋さんで、あぶり餅とわらび餅を食べました。
あぶりたてのお餅に味噌ダレ絡ませ、あぁ、幸せ~♡
ポカポカ陽だまりの中、優しい風に吹かれ、至福のひとときでした(*´ー`*)

あぶり餅とわらび餅
わらび餅は、抹茶きな粉を付けて食べるんだけど、
わらび餅のプルプル食感に、抹茶きな粉のツブツブ食感がたまらないっ♡
どちらも美味しかったです(*´▽`*)

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

大覚寺
その後、大覚寺 へ。
大覚寺まで行くのに、タクシーが捕まらず、困っていたら、
貸切タクシーのおじさんが「乗ってきな」って、乗せてくれました(*´▽`*)

優しさにホロリ(;-;)
清凉寺で釈迦如来様についてお話して下さったお坊様もそうだけど、
旅先で優しい方に会うと、心がホンワカして、とても嬉しいです(*´▽`*)

ところで。
大覚寺は、光源氏が大覚寺の南に御堂を建立するという場面など、
源氏物語に登場する実在のお寺です。

大沢池
お寺の隣の大沢池を眺めていると、源氏の世界に旅立った気分.*゚¨゚・*:☆゚・*
一千年の時を越えても、変わらないものは変わらないのだなァ...。
渡り廊下の軋みが足裏に心地よく、素敵なお寺でした(✿◡‿◡ฺ)

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

竹林
時間に余裕があったので、竹林に行きました。
風に揺られて竹と竹がぶつかる音や、竹の葉がサヤサヤいう音、
自然が奏でる音楽は、心地良かったですヽ(*´ー`*) ノ

野宮神社
野宮神社 にも行きました☆
源氏物語の中で、光源氏が六条御息所を訪ねる場所、野々宮。
趣深くて、大好きな場所です♡

本当に嵯峨野の秋はいいなァ(*´ー`*)..。o♡
時間の関係上、1番好きな常寂光寺には行けなかったので、
また来年、秋の嵯峨野に来たいと思います♡

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

嵯峨野を後にし、京都駅に戻りました。
ここからは、愛ちゃんとも別行動です。
愛ちゃんは宇治へ、私は大原へ.*゚¨゚・*:☆

京都で、行ったことが無い場所のひとつ、大原三千院。
折角、京都に来たのだから!
ということで、源氏物語とは関係無いけど、行ってきましたヽ(*´ー`*) ノ

三千院
京都駅から、バスで1時間程。
バス停から、山を登ること、10分。
「 京都~、大原、三千院~♪ 」にやってきたよヽ(≧▽≦)ノ

三千院にて、生まれて初めての写経をしました。
雑念が中々消えなかったけど、言葉を噛みしめながら、書いていると、
心があらわれていく感じがしました(✿◡‿◡ฺ)

三千院庭園とお抹茶
その後、聚碧園を眺めながら、お抹茶を頂きました。
紅葉している木と、緑の美しい木と、2つのコントラストが美しかったです。
特に夕方近くだったので、夕日が木々の間からキラキラ差して、綺麗でした。

何時間でもいられそう...。
自然の中にいると、心が落ち着きます。
溶けていく.*゚¨゚・*:☆゚・*:.
自然も人間も、同じ生き物なんだなぁって思いました(✿◡‿◡ฺ)

わらべ地蔵
それにしても、三千院は広いです!
その中で、特に好きだったのが、わらべ地蔵。
優しげな可愛い御顔に、思わず私もニッコリ(*´▽`*)

そして、三千院の中で1番満喫したのが、往生極楽院です。
往生極楽院は、国宝の阿弥陀三尊像がいらっしゃるところ。
三千院の真ん中あたりにあります。

気になって、覗き込んでいたら、
お坊様が「お上がりなさい」と、お声をかけて下さり、
マンツーマンで説明をして下さったの..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

お話の上手なお坊様で、往生極楽院を心ゆくまで味わえました。
知って味わうことが、知らないで味わうより、どんなに奥深いことか!
親切なお坊様に感謝です!!

三千院の紅葉
紅葉が綺麗でした..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
真っ赤だな~、真っ赤だな~、ツタ~の葉っぱは真っ赤だな~♪
思わず歌っちゃいましたヽ(*´ー`*) ノ~♪

三千院奥の院にて
三千院奥の院、観音堂の前にて、紫蘇茶を頂きました。
紫蘇って、大原の名物らしいね!
日も暮れかかり、寒くなってきたので、ほっと温まって幸せなお茶でした。

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

大雲寺
大満足の三千院を後にし、バスを乗り継ぎ、大雲寺 にやってきました。
大雲寺は、光源氏と紫が出会った場所と言われているところ。
三千院と、そう遠くなかったので、頑張ってやってきたんだけど...。

上の写真の通り、真っ暗けっけ(;☉ฺд☉ฺ)
時間も時間だし仕方ないのだけど、あんまり見えなかったのが残念です...。
とにかく、雰囲気を味わってきました。

そう、真っ暗な分、星たちが綺麗だったの(♡▽♡)
光源氏と紫の出会いの地で、一千年前と変わらない輝きを放つ星を眺める...。
趣深くて、中々良かったです(*´▽`*)

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

そして、京都駅に戻ってきました。
何と、びっくり\(◎o◎)/!
さやも、愛ちゃんも、同じタイミングで京都駅に戻ってきたの~!!

なので、3人で夕ご飯を食べることにしました。
それにしても、ナイスタイミング.*゚¨゚・*:☆゚・
同期愛だわ~ヽ(≧▽≦)ノ

京都 和久傳で、京料理のコースを、味わいました。
最初から最後まで、全てのお料理が、とにかく美味しかった~ヽ(≧▽≦)ノ
「美味しいっ♡」って、何回口にしたか分かりません。

3人それぞれの午後の過ごし方を報告しあったり、
お料理の美味しさを共感し合ったり、
皆で食べると、また格別の味よねっ!
最後の最後まで、京都を味わったのでした(*´ー`*)..。o♡

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

1日と半日の、源氏の旅 in 京都。
時間が無い割りに、盛り沢山だったなァ...。
かといって、時間に追われた訳でも無かったし、大満足の旅でしたヽ(≧▽≦)ノ

源氏の世界にも触れることが出来たし、
素敵な出会いが沢山あったし、
本当に、これて良かったですヽ(*´ー`*) ノ

この旅を活用して、良い舞台になる様に頑張るぞ~!!

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

~旅行中の甘味~

・わらび餅1皿
・ちご餅1本
・あぶり餅6本
・抹茶わらび餅5個位
・豆腐ソフトクリーム1個
スポンサーサイト



【2007/11/09 23:27 】
0711 源氏旅 京都 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |