スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
【6月18日(金)】 中欧旅行記7:音楽の都ウィーン
オペラ座にて
【7日目:4月9日(金)】
滞在国:オーストリア

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:*:..。o

シェーンブルン1
7日目、中欧旅行最後の日になりました。
1日でウィーンを満喫するべく、朝早くから観光へ。
まずは、シェーンブルン宮殿にやってきましたヽ(*´ー`*) ノ

ここは、ハプスブルク家、夏の離宮。
マリー・アントワネット、エリザベートも過ごした場所。
楽しみにしていたのよぅ♡゚+。:.゚ヽ(*´▽`)ノ゚.:。+

建物の美しい黄色は、マリア・テレジア・イエローと呼ばれるらしい。
外観も、中のお部屋も、それはそれは美しい建物でした。
ユネスコの世界遺産に登録されてるんだって。

案内してくれたガイドさんが面白い方で、楽しかったですヽ(≧▽≦)ノ
見学に時間制限があるため、じっくりは見れなかったけど、
色んな小話を交えつつの解説は、心に残りました。

知ってる歴史上の人物がここにいたって思うと感動するね!
何を見るにしても、当時を想像(妄想?)しちゃう。
素敵なところでした(✿◡‿◡ฺ)

写真が無いので、詳しくお伝え出来ず、残念...。
でも、ここは肉眼レンズがオススメです。
ウィーンを訪れた際には、是非☆

シェーンブルン2
中庭。
広~い敷地には、なんと動物園もあるそうな\(◎o◎)/!
いつの時代に出来たんだろう?

シェーンブルン3
中庭から見た本殿。
それにしても、立派な建物です。
堂々としてる姿は、マリア・テレジアを思わせるわ(*´▽`*)

シェーンブルン4

ママが発見した、中庭のトリックアート。
車の上に石像が載ってるみたいに見えるでしょ!
面白くて、パチリ☆

信号機
宮殿前にある、自転車付きの信号機。
自転車に優しい街だなぁ、と思ってたら。
ウィーンは、エコ対策に自転車を推奨しているんだって。

自転車専用道路
勿論、自転車専用道路もあります。
確かに、人力だから、環境には良いよね(*´▽`*)
緑も多いから、気持ち良さそう~。

駐輪場
駐輪場も多いです。
日本の駅前と比べると、何て美しいの(;-;)
土地が広いんだろうか...。

ウィーンの街
シェーンブルン宮殿を後にし。
ウィーンの街の散策へ.*゚¨゚・*:☆゚・
ウィーンの街は分かりやすく、初心者でも大丈夫でした(*´▽`*)

DEMEL
ウィーンの王室御用達スイーツ店、DEMELにやってきましたヽ(*´ー`*) ノ
ウィーンのスイーツとくれば、ザッハトルテです♡
これまた楽しみにしてたの!

ザッハトルテ
本場で食べるザッハトルテ.*゚¨゚・*:☆゚・
たっぷりとクリームを付けて食べると、更に美味しいっ(♡▽♡)
あんまり甘くなく、思ったより軽かったです。

ウィンナコーヒー
ウィンナコーヒー。
クリームが載ったやつですョ。
混ぜたら甘くなるのかと思いきや、すごく苦くて飲めませんでした(*_*)

工場1
カフェ内にある工場。
扉の取っ手が「DEMEL」の「D」です。
お洒落~..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

工場2
中では、美味しそうなケーキたちを職人さんが作ってました。
見た目もすごく可愛いのっ♡
お腹と時間に余裕があったら、他のケーキも食べたかったな...。

王宮
目の前に広がる建物は、王宮。
現在は、色々な博物館として使われています。
あまりに多い博物館を全部見るには1週間かかるとか。

モーツァルト姿のお兄さん
流石は音楽の都、ウィーン。
毎晩、沢山のコンサートが催されているそうです。
案内を配るモーツァルト姿のお兄さんたちが、あちこちに☆

王宮庭園
王宮庭園。
空が広く、開放感たっぷりのお庭。
通り抜けるだけでも気持ち良かったですヽ(*´ー`*) ノ

自転車専用信号機
またまた発見、自転車専用信号機☆
歩行者用と別々なのは、何故かしら?
不思議☆

王宮を抜け。
街の中心部にあるレストランへと向かいました。
ウィーンは美しい建物が多くて、歩いてるだけで楽しめます(*´▽`*)

オペラトイレ
途中で見かけた面白い御手洗い、その名も“オペラトイレ”
流石、音楽の都です♫
入ってみたかったな~。

レストランに到着~☆
ザッハトルテがまだお腹にいるものの、
この後の詰め詰め観光に備えて、しっかり食べました(*´▽`*)

サラダ
サラダ。
パプリカが色鮮やか.*゚¨゚・*:☆
美味しかったです。

ウィンナシュニッツェル
ウィンナシュニッツェル。
薄くのばしたカツレツのことです。
これ、食べてみたかったの!

ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の「私のお気に入り」という歌でも、
Doorbells and sleighbells and “schnitzel” with noodls ♫
と、歌われてる、オーストリアの料理。

お気に入りの1つになるのも納得☆
サクサクとした衣に、ジューシーなお肉。
とっても美味しく、ペロリと食べちゃいました(*´▽`*)

ケーキ
ケーキ。
ずっしりと重いケーキで完食出来ず(;-;)
美味しかったんだけどね。

美術史美術館1
膨れ上がったお腹を抱え、やってきたのは、美術史美術館。
中には、ハプスブルク家のコレクションが沢山.*゚¨゚・*:☆゚・*
ブリューゲルやレンブラントを始め、有名な画家の作品も見れます。

美術史美術館2
美術史美術館の建物も美しかったです。
思わず、わぁ...+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+* っと声を上げちゃったもんね。
因みに、これ(↑)は正面入り口の天井。

美術史美術館3
至る所が大理石.*゚¨゚・*:☆゚・
重厚な雰囲気が漂ってました。
現代アートも展示されてたョ。

美術史美術館4
正面入り口の床。
ここも大理石。
モダンな柄がお洒落.*゚¨゚・*:☆゚・

美術史美術館5
2階への階段。
柱がっ!壁がっ!天井がっ!
とにかく全てが豪華でした..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

沢山の名画たちから数作品選び、じっくり鑑賞。
シェーンブルン宮殿でも面白い解説をして下さったガイドさんが、
ここでも解説して下さいました。

普段、美術館って1人で見るけれど。
解説付きの美術鑑賞も、違った視点から見れたりして面白いね!
特に、物理学的視点からの鑑賞は面白かったですヽ(≧▽≦)ノ

配置、バランス、遠近法...
構図から受ける印象の話とか。
なるほどって思ったね!

1番嬉しかったのは、フェルメールの絵を見れたこと。
数少ないと言われるからね。
逃さす見たかったの。

美術史美術館6
美術史美術館では、模写が許されている様で、
模写している方たちが、ところどころにいました。
上手だな、と思いつつ、本物と比べると、やっぱり全然違います。

いやぁ、目が肥えましたヽ(≧▽≦)ノ
時間は少なかったけど、かなり満喫しました。
芸術鑑賞って、本当に豊かになるわ♡

シシィ・ミュージアム
お次は、シシィ・ミュージアムへ。
旧王宮の中にある、シシィ・ミュージアムは、エリザベートの博物館。
ここ、行きたかったの!!

エリザベートの波乱万丈の生涯が遺品と共に紹介されていて、
エリザベートファンにはたまらない博物館です(♡▽♡)
写真撮影は禁止のため、肉眼レンズにしっかり焼き付けました。

美しいエリザベートの肖像画たち。
50cmのウエストを保つための化粧室兼体育室。
素敵なドレスや帽子や手袋やアクセサリー。

直筆の詩。
エリザベートが暗殺された時の凶器のヤスリ。
エリザベートのデスマスク。

とにかくエリザベート尽くしです♡
ここに来れて良かった。
満喫したわ~(♡▽♡)

ホテル・ザッハー
王宮を後にし。
ホテル・ザッハーにやってきました。
午前中にDEMELで食べた、ザッハトルテの発祥のお店です。

ここでも、ザッハトルテを食べたかったのだけど。
お腹がいっぱいだったのと、時間がなかったので、断念(;-;)
その代わり、お土産で購入しました。(その様子は、中欧旅行記8にて。)

シュテファン寺院
ウィーンのシンボル、シュテファン寺院。
只今、修復中でした。
修復済みの上部分が美しい!

にしても。
シュテファン寺院は大きくて、全貌が上手に写せません(´_`。)
ここを通り抜けホテルに戻りました。

市立公園1
ホテル目の前にある市立公園。
お着換えのため、早々にホテルに帰ったママと別れ。
ちょっぴり散策しました♫

市立公園2
桜が咲いてました..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
まさか、ウィーンでお花見が出来るとは!
この桜、日本からやってきたそうです。

市立公園3
よく見ると、桜に何かが付いてました。
おまじないかな?
日本では見かけない光景だわ...。

市立公園4
キンピカのヨハン・シュトラウス2世像。
市立公園の中には、音楽家の像がいっぱいいます。
音楽の都だもんね♫

市立公園5
花時計が可愛い♡
だんだんと日も暮れたので。
ホテルに戻りました。

数分後。
ちょっぴりおめかししたママと合流☆
いよいよ、この旅の醍醐味の始まりですヽ(≧▽≦)ノ

チケット
オペラ座でオペラ♡゚+。:.゚ヽ(*´▽`)ノ゚.:。+
そもそも、このオペラ鑑賞のために中欧旅行を決めた様なもの。
チケットも奮発して1番良い席にしました♡

オペラ座1
早めにオペラ座に到着☆
きゃ~、見るもの全てに大興奮ですヽ(≧▽≦)ノ
ここが、世界3大オペラ座の1つなのね!

オペラ座2
劇場内も美しかったです。
開演前はどの席に行っても大丈夫というので、
オペラ座の座席を散策~♫

オペラ座3
私の席は、1階席、前から6列目。
見上げると、バルコニー席が迫ってくるようです。
日本でバルコニー席ってあまり見ないので、テンションUP☆

オペラ座4
オーケストラ・ピット。
小さい頃から、ここを覗くのが好きなんですョ♡
何だかワクワクするのよね(♡▽♡)

オペラ座5
黒鍵と白鍵があべこべ~☆
楽器を眺めてるだけで楽しめます。
ウィーンフィルの音楽が聴けるなんて夢の様.*゚¨゚・*:☆゚・*

オペラ座6
バルコニー席にやってきましたヽ(*´ー`*) ノ
ワクワクするわ~。
こんなお洒落な客席なら、多少見難くても良いかも。

オペラ座7
バルコニー席から、1階席を覗いてみました。
一味違う眺めです.*゚¨゚・*:☆゚・*
でも、あまり乗り出すと、落っこちちゃいそう。

オペラ座8
自分の席に戻ってきました。
1人に1つずつの字幕があるなんて、時代を感じます。
歴史ある建物だけど、進むところは進んでるのね。

本日の演目は、「セビリアの理髪師」
ロッシーニ作曲の2幕オペラ、喜劇です。
CMでも、曲が使われたりしてるよね♫

素晴らしいの一言に尽きました..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
勿論、歌い手さんにもよるけれど、
歌唱力、演技力、迫力、どれもこれも素晴らしかった.*゚¨゚・*:☆

特に、バルトロ役の方が素晴らしかったです!
ベテランさんなんだと思う。
いやぁ、上手かったな~。

フィガロ役やロジーナ役の方も、エネルギーが溢れてました!
若手なんだろうな。
若さが弾けて、パワーがあったもの。

素晴らしい夜でした♡゚+。:.゚ヽ(*´▽`)ノ゚.:。+
心に飛び込んでくるようなオペラって始めてかも。
あぁ、幸せな時間だったわ~♡

興奮が冷めないまま、ホテルに戻り。
興奮が冷めないまま、荷造りをしました。
そう、明日は日本に帰る日。

ウィーン、チェコ、スロバキア、ハンガリー。
沢山の思い出を反芻しつつ。
7日目の夜が更けていきました.*゚¨゚・*:☆゚

【中欧旅行記8:夢の時間がくれたもの】に続く☆

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:*:..。o

~7日目の甘味~

・ ザッハトルテ1切れ
・ ケーキ1口
【2010/06/18 12:21 】
1004 ママ旅 中欧4ヶ国 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【6月19日(土)】 中欧旅行記8:夢の時間がくれたもの | ホーム | 【6月15日(火)】 中欧旅行記6:物語の中の世界>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaminouyuki.blog78.fc2.com/tb.php/716-f17f6f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。