スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
【5月9日(金)】 夢の白川郷始め盛沢山の旅 in 長野&岐阜 2
2日目:5月7日

大きな窓から朝日が燦々と差し込んで、目覚ましが鳴る1分前に目覚めました。
ぐっすり眠れて、とても気持ち良い朝!
勿論、この日も快晴ですヽ(≧▽≦)ノ

アルメリア
これが、ホテルの名前にもなっている“アルメリア”
ホテルの前に咲いてました。
ぽんぽんみたいで可愛い♡

朝御飯を食べて、いざ出発ヽ(*´ー`*) ノ~♫
まず向かったのは、夢の地、世界遺産白川郷です。
三角の合掌造りが並ぶ景色、肉眼で見たかったのよぅ!

合掌造り
のどかな田園、三角屋根のお家たち、流れる小川に、色とりどりのお花。
人も少なくて、鶯の声が響いていて、見るもの全てが愛おしい感じ。
緑に囲まれた集落は、お話しの中に出てくる景色みたいでした(*´▽`*)

鯉幟 in 白川郷
白川郷でも鯉幟が沢山泳いでました。
この鯉幟、1番下の鯉の尻尾に赤ちゃん鯉がくっついてるの分かります?
めっちゃ可愛かった(♡▽♡)

白川郷
白川郷の集落が見渡せるというところまで、やってきました。
見たかった夢の景色です!
この景色に会えて、感動だったよぅ(;-;)

冬、三角屋根に雪が積もる景色も見てみたいなぁ...。
クリスマスケーキの上にのってるお家みたいなんだろうなぁ...。
今度来るなら、冬に来てみたいです。

和田さん宅
このお家、和田さん宅は、国指定重要文化財。
中も公開しているので、中に入ってみました。
意外と広くてビックリ\(◎o◎)/!

合掌造り屋根部分
中は三階建て。
沢山のお部屋がありました。
これは、屋根の部分です。

明治21年から変わらない白川郷。
いつまでも、この景色を守っていって欲しいです(*´▽`*)
大満足の白川郷でした。

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

白川郷を後にして、バスは最終目的地、飛騨高山へ!
飛騨高山は、飛騨の小京都と呼ばれている、情緒たっぷりの町。
さるぼぼの出身地です。

飛騨高山
町並は確かに小京都。
建物の感じが、素敵な雰囲気でした(*´ー`*)
ここでも藤の花は美しかったです。

ドコモショップ
ドコモショップも風流.*゚¨゚・*:☆゚・*:.
何のお店かなって思ってよくみたら、携帯屋さんでした。
何だか不思議な感じ。

背の低い信号機
不思議といえば、この信号機の背の低さも不思議でした。
何でこんなに低いんだろう...。
建物の低さに合わせたのかな?

飛騨高山では、ゆっくりお店を見たり、お土産を買ったり、
昔の修学旅行の自由時間みたいでした(*´▽`*)
お腹が空いてたら、飛騨牛コロッケ食べたかったナ。

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。o

こうして、全ての場所を満喫し、1泊2日の旅が終了しました(*´▽`*)
江戸時代の雰囲気を思う存分味わえて、会いたい景色に会え、
思いがけず、お花たちがすっごく綺麗だったし、鯉幟にまで会えた旅。

美味しいものも食べられて、温泉も気持ち良かったし、
何より、なつと沢山お話し出来て、楽しかった♡゚+。:.゚ヽ(*´▽`)ノ゚.:。+
いつも思うのだけど、居心地の良い友との旅は最高です。

帰りの新幹線の中まで、大満足の2日間でした。
また、行こうね~ヽ(*´ー`*) ノ

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:..。

~2日間の甘味~

・桜餅1個
・栗ソフトクリーム1個
・ホテルに着いてたお菓子たち6個
・レーズンパン1個
・ミルクパン1個
・抹茶プリン1個
・りんごおやき1個
・栗きんとん2個
・スイートポテト1個
・お餅入り最中1個
・柿のお菓子1個
【2008/05/09 09:41 】
0805 友達旅 白川郷 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【5月9日(金)】 表現者としての魅力 | ホーム | 【5月8日(木)】 夢の白川郷始め盛沢山の旅 in 長野&岐阜 1 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaminouyuki.blog78.fc2.com/tb.php/755-9c802d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。