スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
【9月16日(火)】 第4回チキン・ハーツ旅行 in 富山県 2
2日目:9月14日(日)

今回の旅はゆったりプラン。
ってゆうか、チキンな旅は、いつも基本ゆったりプラン。
ぶっちゃけ毎回、無計画・緩い・自由・気ままな旅。

今回も、旅のしおりは、
1日目、富山に着くこと。
2日目、ダムに行くこと。
3日目、東京に帰ること。

なので、朝御飯も1番遅い8時にお願いして、ゆったり起床。
この時は、まだあんなことが待っているなんて、思いもしなかったのです...。
まだ見ぬダムに想いを馳せて、いざ出発~☆

立山到着☆
湯神子温泉から車で40分。
立山に到着しましたヽ(≧▽≦)ノ
自然たっぷりなスタート地点に、5人のテンションは高かった!

んがっ!!

立山駅に行ってみたらば、
人人人人、人だらけ\(◎o◎)/!
切符売り場にずら~り行列。

待つこと数十分、やっと、窓口で切符を買おうとしたら、
il||li(ФДФ;) il||li
売り場のお姉さんから、ショッキングな言葉が!!

お姉さんの言葉:
11時50分発になりますね。(←まだ、10時半位だった。)
今日は混んでるので、黒部ダムまで行けない可能性もありますので...

何っ( ̄□ ̄;)!!
ダ、ダムに行けないっ!?
(あまりのショックのため、お姉さんの、後の言葉は覚えてない。)

そう、黒部ダムへ行くには、
富山県側から行くルートと長野県側から行くルートがあり、
富山県側から行く場合、5つの乗り物を乗り継がないと行けないのです。

立山

(立山ケーブルカー:7分)

美女平

(高原バス:50分)

室堂

(立山トンネルトロリーバス:10分)

大観峰

(立山ロープウェイ:7分)

黒部平

(黒部ケーブルカー:5分)

黒部湖

(徒歩:10分)

黒部ダム

立山の駅では、途中の大観峰までしか往復切符が買えず、
お姉さん曰く、その後の切符購入時間や、乗り物の待ち時間によっては、
帰りの時間に間に合わなくなるよ、ってことらしい...。

とりあえず、買えるところまで、切符購入。
1時間半程時間を潰すために、立山駅の周りをブラブラするものの、
皆のテンションは、一気に、急降下。

しおれた花のように、いっくんの項垂れた(うなだれた)姿が印象的でした。
黒部ダムに行くには、乗り物を乗り継いで、時間がかかるって知ってたけど、
乗るのに、こんなに待つなんて、こんなに混んでるなんて予想外だったもんね...。

チキン旅行の無計画さを後悔したのは、初めてかも...。
でも、何とかなる(←合言葉)ってね!
希望と不安を抱えて、いざ駅へ!

いざ、出発!
切符を手に、出発☆
乗り継ぎを素早くしようと、固く誓いました。
お~!(←意気込みの掛け声)

立山ケーブルカー乗り場にて
とにかく、乗り継ぎが要だわ、ということで、
1番早く出るため扉の近くに乗ろうと、1番後ろに並ぶうちら。
(この後、前の方が早いと気が付き、ダッシュで移動しました。)

立山ケーブルカー
1つ目の乗り物、立山ケーブルカー。
1番前の扉近くを無事ゲット!
前の方だったので、隙間から前方も見えました。

傾斜
このケーブルカーは、すごい傾斜を登っていくの。
あまりの傾斜と、ダムに行く興奮と、テンション高かったですヽ(≧▽≦)ノ
カラカラと、ケーブルの音が、心地良かった♫

高原バス
ケーブルカーの扉が開くやいなや、飛び出しダッシュ。
そのお蔭で、12時発の高原バスに乗れました..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
(これを逃すと、次は40分後になるので、逃したくなかったのよ。)

車窓から1
【バスの車窓から1:雷に打たれた立山杉】
最近、この立山杉に雷が落ちたらしく、黒こげの立山杉。
火を消すのに、2日間かかったんだって\(◎o◎)/!

車窓から2
【バスの車窓から2:大きな立山杉】
日本三杉(屋久杉・立山杉・秋田杉)の1つ、立山杉。
大人7人が手を繋いでやっと届くそうです。

車窓から3
【バスの車窓から3:雄大な景色】
日本最高地点(標高2450m)の鉄道駅、室堂近くの景色。
絶景かな~♫

車窓から4
【バスの車窓から4:雪】
この室堂は、雪の大谷で有名なところ。
まだ雪が残ってました。

バスの運転手さんの観光アナウンスが面白くて、楽しめた50分でした。
室堂近くは、すごく景色がよく、今度は歩きに来たいナ~♡
標高が高いので、寒かったです(*_*)

立山トンネルトロリーバス
お次は、立山トンネルトロリーバス。
これ、楽しみにしてたのっ(♡▽♡)
山の中を走るんだよ~!

トロリーバスの車窓から
全長3・7km、トンネルが続きます。
途中にある破砕帯は毎秒660Lもの湧水地帯の為、
50m進むのに1年1ヶ月を要する難工事だったそうです。

ここまでの乗り継ぎがスムーズだったので、
大観峰の駅で、無事に黒部ダムまでの切符をゲット出来、
遠のきかかってた黒部ダムが、戻ってきました..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

立山ロープウェイ
乗り物の中で1番乗りたかった、立山ロープウェイですヽ(≧▽≦)ノ
日本最大級の、途中に支柱が1本もないワンスパンロープウェイ。
1・7kmもの距離を結ぶのに、凄いよねっ!

紅葉とロープウェイ
ちょっぴりだけど、紅葉が始まってました。
紅葉の季節は、それはそれは綺麗なんだって。
映っている影は、自分たちが乗ってたロープウェイの影。

黒部湖
ロープウェイからは、黒部湖も見えます。
これは、駅からの写真。
(見たい方は、混雑時には進行方向左側に乗ることをオススメします。)

黒部ケーブルカー
そして、最後の黒部ケーブルカーに。
日本でもここだけにしかないという、全線地下式のケーブルカーは、
ちょっと未来都市のような感じで、面白かったです。

最後の駅、黒部湖に無事到着☆
立山駅でのしおれた花のような姿は見る影もなく、テンションUP.*゚¨゚・*:☆゚・*
あまりのテンションに、走り出すうちら。

黒部ダム
そして、やってきた黒部ダム!
キラキラと輝く黒部ダムに、一同大感動(;-;)
大はしゃぎでした。

迫力!
放水を間近で見て、その迫力に大興奮ヽ(≧▽≦)ノ
黒部ダム、確かに熱かった!!
放水量は、毎秒10立方メートル以上だそうです。

虹
虹が綺麗に見えました..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
人間の力によって作られたダムと、自然のコラボレーション。
より、感動大でした。

黒部ダムの建設は、実に7年の歳月を経て完成したそうです。
延べ1,000万人もの人手により作られた黒部ダム。
破砕帯との格闘や、事故など、建設には数々のドラマがあります。

黒部ダムの大迫力を前に、建設の経緯を思うと、
自然の力に匹敵するくらい、人間の力は凄いものだと、思う。
黒部ダムは色んな意味で感動を味わえるところでした。

黒部ダムを見上げると
黒部ダムは、大きい!
放水の大迫力もさることながら、見上げた景色も大きい!
大自然に圧倒されました\(◎o◎)/!

黒部ダムカレー
黒部ダムカレーを食べました(*´▽`*)
これ、黒部ダムを表しているの、分かります?
ダム型御飯、黒部湖を表す緑色のルーはホウレン草、放水はカツです。

黒部の太陽
これぞ、黒部の太陽!
『黒部の太陽』っていう、有名な映画があるのですョ。l
もとは小説、今度舞台もあるらしい。

ふぉっとダム
ふぉっとダムっていう、写真を撮りました。
上から撮ってくれるの。(皆のポーズはダムを体現。)
こうしてみると、本当に、ダムは大きいなぁ!

こうして、ダムを大満喫ヽ(≧▽≦)ノ
帰りの乗り物たちの時間に余裕を持った方がいいよね、と、
ダムを後にしたのでした。

帰ってきたよ☆
乗り継ぎ、乗り継ぎ、立山に帰ってきました。
余裕を持った割りに、最終バスになったのが不思議だけど...。
でも、こうして無事に帰ってこれたので、よかった(*´▽`*)

と。
ここで、思いもしない出来事が!
(次のブログに書きます...。)

中秋の名月
旅館までの道から見えた、お月様。
そう、この日は9月14日、中秋の名月だったのです。
お月見まで出来ちゃって、良い1日でしたヽ(*´ー`*) ノ

じんカーのガソリンが底を尽きかけ、ガソリンスタンドを探すも、
7件連続閉まっている、という事件が起きるものの、
何とかなって、旅館に無事到着☆

さっそく夕ご飯。
2日目の夕ご飯も御馳走でした。
やっぱり、お刺身が美味しい♡゚+。:.゚ヽ(*´▽`)ノ゚.:。+

露天風呂からは、お月様が.*゚¨゚・*:☆゚・
滅多にないよ、お月見露天。
とことん、ラッキーな、うちら。

夜は、昨日と同じく、宴会。
ダムに乾杯(^^)/▽☆▽\(^^)
打ち上がりました~。

お月見饅頭
お月見だったので、お月見団子ならぬ、お月見饅頭。

3日目に続く☆
【2008/09/16 21:47 】
0809 チキン旅 富山 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【9月16日(火)】 第4回チキン・ハーツ旅行 in 富山県 3 | ホーム | 【9月16日(火)】 第4回チキン・ハーツ旅行 in 富山県 1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaminouyuki.blog78.fc2.com/tb.php/757-1ed19686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。