スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
再☆妊婦日記25:出産記録5≪そして出産へ≫
陣痛の波が激しくなってきたものの。
まだまだこんなもんじゃないことを。
3年半前の記憶を辿って確信。

まだまだ小波。
フーフー息を吐きながら波をやり過ごします。
やり過ごすと嘘のように去っていく陣痛。

応援してくれるはずの友音ちゃんがいなくてちょっと寂しいけど。
こうなったら心音ちゃんと共に頑張るしかないもんね。
よし、心音ちゃん、ママと一緒に頑張ろう♡

波が去っている間は。
TVも見れちゃうし、皆からの励ましコメントに返信も出来ちゃう。
私、まだまだ余裕だわ...。

助産師さんが子宮口の開きを診てくれたところ。
子宮口は3cm。
ちょっとだけど進んだ.*゚¨゚・*:☆゚・

ちょっとでも進むと。
身体中からやる気が漲ります。
よしよし陣痛の波よ来いっ゚+。:.゚ヽ(*´▽`)ノ゚.:。+

波が小波から中波へ。
波は心音ちゃんが頑張ってる証。
そうだ、今こそ例の歌を歌う時だわ!

波の訪れに合わせて。
心音ちゃんへのメッセージ。
「心配ないさ~♫」

だんだん全部を歌えなくなってきて。
「心配ないさ~♫」の「さ(あ)」で伸ばして中波をやり過ごすことに。
「(心配ないさ)あ~!」

結構進みが早いので。
信介君と友音ちゃんを呼び戻すことにしました。
家から産院までは40分、間に合うかしら...。

中波が大波になるに連れて。
出す声も大きくなります。
「(心配ないさ)ああああああ~♫」

子宮口が随分開いたらしい。
波はまさにBIG WAVE!
「(心配ないさ)ああああああぁぁぁぁぁぁ~♫」

会陰が焼けつくような痛みも感じ。
お尻の方にも圧迫を感じ。
声もどんどん大きくなっていく。

大波の度に。
心音ちゃんが下りてきてるのが分かる。
「(心配ないさ)ああああああぁぁぁぁぁぁァァァァァァァ~♫」

もう。
TVを見る余裕も返信する余裕もない。
「(心配ないさ)ああああああぁぁぁぁぁぁァァァァァァァ~♫」

15時過ぎ。
信介君と友音ちゃんと実家のママがお部屋に到着しました。
良かった、間に合った~..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

友音ちゃんの存在に空気が和らぎ。
私の身体もリラックス。
ふぅ...。

一緒にお迎えソングを歌ったり応援して欲しかったのだけど。
大波到来をやり過ごす私の大声に友音ちゃんがビックリ!
泣き出してしまった...。

し、し、しまった~(;☉ฺд☉ฺ)
ビックリさせてしまったよ~。
ごめんよ~。

「ママ、大丈夫だから」と必死で言い聞かせたものの。
大波到来の大声は続き。
友音ちゃんは実家のママに連れられてお部屋を去っていきました(TοT)

信介君の手を握り締め大波をやり過ごす。
(私のこの痛みを少しは思い知れ~ヽ(≧Δ≦)ノ)
と、言わんばかりに握り締める。

信介君は今回の妊娠出産では殆ど役立たずだったからね。
怒りを込めて懇親の力で握ってやりました。
フンッ。

暫くすると。
助産師さんがやってきて。
「そろそろ産まれそうね。」と一言。

分娩室へ移動することになりました。
えっ!?
もう、産まれるの(;☉ฺд☉ฺ)?

友音ちゃんの時は33時間かかったんでね。
今回も長丁場を覚悟してたのに。
っていうか、陣痛来たばっかりじゃなかったっけ?

あれよあれよという間に車椅子に乗せられて分娩室へ。
出来れば歩いて移動したかったのだけど、乗せられるままにGO!
ロビーにいた友音ちゃんを横目に通り過ぎて分娩室へ。

初めて見る分娩台。
おぉ、これが分娩台なのね。
枕に顔が描いてあって可愛い♡

確かに機械的な感じはするものの。
流石、分娩するための台だけあって。
中々に快適(*´▽`*)

横向きに寝転んで。
片足を台に乗せて。
大波をやり過ごしました。

「お尻の方に意識を感じて~。」
助産師さんが指示をくれます。
あぁ、これが“いきむ”ってことね。

友音ちゃんの時は立って産んだからか。
“いきむ”って感覚が分からなかったのよね。
なるほど、これか~。

いきむ度に。
心音ちゃんが下りてくるのが分かります。
分娩台の上だからか、結構クリアに分かるのね..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

そろそろ産まれるというので。
友音ちゃんも分娩室に来てくれました。
信介君に抱っこされて見守ってくれてたみたい。

私の頭の方から、か細い声で応援が聞こえてきます。
「頑張れ頑張れマーマ」
「頑張れここちゃん」(←「こと」が上手く言えず「ここ」になってます。)

会陰に心音ちゃんの頭を感じた頃。
「出てくるところを見てみる?」
と、助産師さん。

そうそう。
水中出産をしたかったもともとの理由は。
産まれてくるところを自分で見る、自分で取り上げる、だったからね。

「是非見たいです!」
助産師さんが私のバースプランを理解してくれていたので。
夢の1つが叶えられて嬉しかったです(*´▽`*)

横向きから仰向けになり。
助産師さんが出してくれた大きな鏡を見ると。
「あ、心音ちゃんの頭が..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*」

会陰に挟まる心音ちゃんの頭。
「あ、髪の毛がある。」
ついでに触ってみました。

しっとり柔らかな頭が愛おしい♡
産まれ出ようとする我が子の頭を触った感触は忘れられません。
もうすぐ会えるよ心音ちゃん(✿◡‿◡ฺ)

心音ちゃんをこの世に送り出すことに集中して。
波が来る度に力を入れて、波が去っては力を抜いて、の繰り返し。
私が力を入れる度に心音ちゃんの頭が出てきます。

助産師さんが会陰を伸ばしてくれるのが鏡の中に見えました。
まるで心音ちゃんを導いてくれているかの様。
どんどん頭が出てくる.*゚¨゚・*:☆゚・

そして。
心音ちゃんの頭を感じながら最大限の力を入れると。
顔が出てきました。

束の間。
助産師さんの指示通りに力を抜くと。
間もなく身体が一気に出てきて...。

2014年6月20日。
15時52分。
心音ちゃん誕生.*゚¨゚・*:☆゚・

元気な産声も聞こえてきます。
心地好い疲れがどっと押し寄せて。
あぁ、産まれたんだ、と安堵する(✿◡‿◡ฺ)

心音ちゃんが私の胸にやってきて臍の緒を切りました。
友音ちゃんの時は信介君が切ったので。
心音ちゃんのは私がチョキン☆(←ってこんなに簡単に切れないけど。)

心音ちゃんを抱えたまま後産。
胎盤が出ると、更に身体が楽になりました。
あぁ、これでお産が終わったのね...。

その後。
私は暫く分娩台の上で休憩。
心音ちゃんは体重測定へ。

産まれた瞬間は呆然としていた友音ちゃんも。
心音ちゃんの姿を見てからは興味が湧いたらしく。
分娩室で心音ちゃんの後を追っかけていました。

20日体重
心音ちゃんは3200gでした☆
友音ちゃん(3232g)と殆ど同じ体重。
流石姉妹♫

生後直後
友音ちゃんに抱っこされた心音ちゃん☆
初抱っこに緊張の面持ちの友音ちゃん。
これから姉妹2人仲良くしてね(*´▽`*)

会陰の様子を先生が診てくれました。
会陰切開はせずにすんだものの。
少し擦り傷が出来たとか。

「縫わなくていいです!」って言ったのに。
「縫った方が治りが早いから。」と先生にオススメされ縫うことに。
このための麻酔が1番痛かったよ(;-;)

でもね。
結果、縫った方が良かったです。
というのも、産後の会陰周りの痛みが一切無かったから..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

友音ちゃんの時は1mm裂傷だけだったんだけど縫わなかったのね。
そしたら、トイレの度に沁みて沁みて、産後数日トイレで悲鳴を上げる羽目に。
だから、今回縫って、その有難さを実感しました。

オススメしてくれて。
上手に縫って下さって。
先生に大感謝♡

その後。
改めて心音ちゃんを抱っこしました。
おっぱいを吸わせながらよくよく見ると、何とも言えない不思議な感じ。

そうか。
アナタがお腹の中に居たのね(*´▽`*)
これから、よろしくね、心音ちゃん♡

暫くすると。
助産師さんがやってきて。
私の身体の様子をチェックしてくれました。

出血が落ち着いたらしく。
分娩室からお部屋に戻ることに。
車椅子に乗り、心音ちゃんを抱っこして、お部屋に向かいます。

と。
心音ちゃんを抱っこした私を見た瞬間。
「ママがいい~!」と、友音ちゃん大泣き(;☉ฺд☉ฺ)

妊娠中。
友音ちゃんには「産まれたら抱っこ出来るからね」って言い続けてたし。
ずっと我慢してたんだもんね。

お部屋で友音ちゃんを抱っこすると。
それはそれは嬉しそうにしていました。
今まで我慢してくれて、ありがとうね、友音ちゃん♡

立ち会いをしてくれた友音ちゃんですが。
大声でビックリさせちゃったし、ちょっと心配だったのだけど。
心音ちゃんが産まれた様子を嬉しそうに話していたので一安心(です✿◡‿◡ฺ)

「お腹じゃなかったね、お股から出てきたね!!」
友音ちゃんは心音ちゃんがお腹から出てくると思ってたんだって。
お股から出てきたのが意外でビックリしたそう。

信介君と友音ちゃんと。
付いてきてくれた実家のママと。
やがて、3人は帰っていきました。

お部屋には私と心音ちゃん2人っきり。
小さな心音ちゃんを見て、あぁ、産んだんだと実感。
本当に無事に産まれて良かった...。

破水から始まったり。
陣痛が来なかったり。
予想外のことだらけだったけど、結果、大満足のお産でした(✿◡‿◡ฺ)

水中出産は出来なかったのは残念だったけど。
自分から産まれてくる一部始終を見れたり、臍の緒を切ったり。
分娩台の上の出産も面白かったしヽ(≧▽≦)ノ

信介君も友音ちゃんも立ち会って家族全員で心音ちゃんを迎えられたし。
何より、心音ちゃんが無事に産まれてくれたし。
幸せなお産だったなぁヽ(*´ー`*) ノ~♡

この日の担当の先生も。
私が1番大好きな女医の先生で。
それも大満足なお産の要因の1つです♡

これから始まる心音ちゃんの人生が。
キラキラ輝くような人生でありますように.*゚¨゚・*:☆゚・
一緒に楽しもうね、心音ちゃん♡

陣痛に間隔が付いてから産まれるまでの時間、わずか1時間半!
スピード出産&超安産だったからか、体力を殆ど使わなかったからか。
私も心音ちゃんも元気いっぱい.*゚¨゚・*:☆゚・

陣痛が来ない時はどうなることかと思ったけど。
無事に産まれて良かった~。
終わり良ければ全て良しってね(*´▽`*)

以上。
私の出産記録でした☆
引き続き、入院生活の様子をどうぞ。

20日夜
夕御飯が運ばれてきました。
お昼御飯を食べていた時は陣痛が来てなかったからね。
まさか、心音ちゃん傍らに夕御飯を食べられるとは思ってなかったなぁ...。

20日1
生後6時間後の心音ちゃん☆

20日2
小っちゃなアンヨ(♡▽♡)

3年半振りの授乳。
私の母乳の出は結構良いものの。
心音ちゃんが吸うのがまだ下手なのか中々上手くいかず...。

泣く→おっぱい→眠る→泣く→オムツ→おっぱい→眠る...の繰り返し。
新生児ってこんな感じだったっけ。
3年半経つと忘れちゃうなぁ...。

そして。
度々私を襲う後陣痛(>ο<)
子宮が戻っていく時の収縮する痛みのことね。

経産婦の方が強く出るらしい...。
確かに友音ちゃんの時って後陣痛が辛かった記憶が無いもん。
いやぁ、もう1人産んじゃうんじゃいかって位痛いのよ。

痛みに耐えて。
おっぱいオムツのエンドレス。
体力が有り余ってて良かった...。

産後って身体が興奮してて。
中々寝つけないのよね。
皆のおめでとうコメントに返信しつつ、夜が更けていきました.*゚¨゚・*:☆゚・

*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○ ♬♪♩♬○o。*゚¨゚゚・*:..。o○♬♪♩♬○o。*゚¨*:*:..。o

【再☆妊婦日記26:出産記録6≪入院生活3日目≫】に続く☆
【2014/06/29 12:16 】
再☆妊婦日記 出産記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<再☆妊婦日記26:出産記録6≪入院生活3日目≫ | ホーム | 再☆妊婦日記24:出産記録4≪入院生活2日目≫>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaminouyuki.blog78.fc2.com/tb.php/970-aaa10ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。